ひねもす のらりくらりかなぁ~~♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雨ニモマケズ
雨ニモマケズ
風ニモマケズ
テレビにもラヂオにも負けない
ジョウブなココロを持ち
物欲を捨てず
決して媚びず
いつもニヤニヤしている

ebb.jpg


1日にプリン1個と
カステラととらやの羊羹を食べ
あらゆることを気にしながら
人のハナシを聞き、そして文句も言う

Tポイントの使えるコンビニのちかくに住み
東に悩み事あれば行って生年月日を聞き
西に宴会があればマイクを握り
南でセールをしてると聞けば車を走らせ
北に飲み会があればノコノコと出かける

人に親切にされれば感謝し
感謝されることなくても人にはココロを配り
褒められもせず
苦にもされず
とくに目立たないようにすごす
ソウイフモノニワタシハナリタイ

スポンサーサイト
ぎょき@追記.。o○
演奏がおわったら皆、
ソソクサと退散する (…のが通例のよーだ)。
そのスピーディーさ (…てゆーかバタバタ加減?!) に、
しろたまは驚きを隠せなかったっ!(◎△◎)(早っ)

(どげんしたらええトね??)と、
心の中で宮崎弁を発していると…

Hせんせ(貴婦人系)が
「ココで先に笙をあぶってから帰りましょうョ」と、
優雅なコメントをいただいた(流石っ)。
おかげさまでちょっとひと息つくことができた♪


gyko1.jpg
 ※舞う前のO君


皆が着替え、片付けが終わるとお弁当が配られた。
中身は↓コレ。見た目とおんなじ味だった(笑)

gyko2.jpg
 ※しろたま採点70点!←高いほう (@当会内弁当比/笑)


境内は太子さんの行事日でもあるので
屋台なども多く出ていて賑わっていた。
われわれ3人(O君/N嬢/しろたま)は、
境内に出店していた『甘酒』の店に行き、
「お疲れサ~~ン!」とカンパイした♪
とてもおいしかった.。o○

gyko3.jpg
 ※甘酒を一気飲みするO君


全てが終わって時計を見たら…
まだ、11時だった( ̄x ̄;) 早っ!

gyko4.jpg
 ※甘酒のおかわりしたかった


おつかれさまでした for ぢぶん.。o○ヽ(^____^)ノ

聖徳太子御正当会@通称「御忌」(ぎょき)
2月22日は聖徳太子さんの祥月命日にあたる日(なんだそ-)だ。
四天王寺境内の太子殿では毎年法要が行われる(らしー)。
(…とゆーコトを先月知った/笑)


gyk02.jpg
 ※当日ピーカンの四天王寺


なんでも~、聖徳太子さんが2さいの時に
「南無仏」(なむぶつ)と言ったらしく?(聡明)、
建物の中には聖徳太子の2歳時の像があったのには驚いた☆
そんな聖徳太子さんの命日の法要が
1400年以上も毎年毎年…続いているとゆーからスゴイすごい!


そこで…ダ☆
その1400年以上にもなる歴史の軸の【点】にあたる今年。
しろたまがその法要でなんとっ!
笙を吹かせて頂ける光栄に浴したとゆーハナシであーる☆
あいがたいやらうれしいやらきのどくやら…♪

そりゃ、あーーーーた、稽古もするわサ(笑)

jd2.jpg
 ※誰よりも早く稽古場到着♪


初めてのお座敷に呼ばれた舞妓のよーな…
初めての大舞台を前に緊張している浅田真央のよーな…
(↑ぢぶんを可愛くたとえるのが好き/笑)
そんな気持ちがごちゃ混ぜになり、
しろたまなりにここンとこ日々キンチョーしていた(◎◎;)

gyk05.jpg
 ※楽屋?で笙をあたためるN嬢としろたま


四天王寺の装束を身にまとい、初めて太子殿とゆー建物に入った。
いつもは笙の軍団の末席の端っこの隅っこで
ヒッソリ吹くのがしろたまの定番なのに、この日は違った。
笙が3人しかいない。しかも!3人が横1列に並ぶのであーる。
それだけでキンチョーしていたしろたまであった。


早朝の太子殿は静まっていた。
同期のO君が長いヤリを持って舞い出した(笙の演奏無し)。
笙をあたためながらソレを ぢっ…と、観ていた。
練習の時より上達していてとても立派だった。

gyk04.jpg
 ※楽屋?での皆さん

O君が終わった。
次がしろたまの出番であーる。
しろたまは職業柄か?ナニかの合図を待っていた。すると…
キューサインもナニもなくいきなり始まった!びっくりした♪


最初は『吹いてる感』があったのだけど…
途中からいろんなことが頭をよぎってきたのが不思議だった…

(聖徳太子ってコレ 聞こえてはるんかなあ?)とか、
(こんなコト毎年毎年1400年以上もやってはったとわ!凄っ!)とか、
(聖徳太子に聞こえるとしたら大安にも聞こえるかなあ?)とか思った。

いつもは ほぼ!自分の演奏のことしか頭にないのに、
この日は全体の演奏を聴いたり 舞いをチラチラ見ていた。
太子殿とゆーせまい空間で
『承和楽』(しょーわらく)という舞いが舞われていた。

承和楽の途中、同じ音がしばらく続くところがある。
そのあたりでなぜかウルウルっとし(感涙)、
譜面がにじんで見えなくなる…とゆー、
ぷちアクシデントに人知れず見舞われていたしろたまであった☆

なぜだかわからない…
悲しいわけでもなく~、特にうれしいわけでもなく~?、
自分でも意味不明だったけど、何かしら?感激していたようにも思うし…。
とにかくとても心地よかった☆


gyk03.jpg
 ※楽屋?から現場?に向かう途中


この度のしろたまの初舞台☆
タイミング良くお引き受けできたことと、
それが『御忌』であったことと、そしてここに来るまでの様々なみちのりに
喜びと、うれしさと、説明しがたい? 『縁』とを感じていた☆

舞いも演奏もきれいだった…☆.。.:*・゚☆ (ぢぶんの演奏含まず/笑)


『和を以て貴しと為す…』 とゆー、
聖徳太子のナンチャラの詞が頭に出てきたりした☆



gyk06.jpg
 ※大使殿前にて


☆すぺしゃるサンクス☆
Hせんせ@ナニから何までの御指導&御引率に感謝です
N嬢@たのしい時間をありがとう
O君@ご一緒できてよかったっす
アレンぢゃーM氏@謝謝 m(._.)m
コンパ in 三宮~☆
久しぶりに「コンパ」を企てた。
そんなに多人数にするつもりはなかったのに、
結果、たくさんのひとが集まってくれてにぎやかな宴となりました♪

cm3_20100216091134.jpg

たくさんのひとが集まると仕事も皆バラバラ…
普段会うことのない珍しい職種の方たちともお知り合いになれ、
こーゆー機会があるのはいいことだと本当に思った。


歌手・有名ホテルオーナー・女医・小学校教諭・ヘアメイクアーティスト、
それに新幹線の設計に携わる人…などなど他にもいっぱい♪
いろんなハナシが聴けるだけでも良い時間が持てました~☆

参加して下さった皆様、ありがとでしたヽ(^____^)ノ

ちょっと面白いので『月いち』で開催することにした。…てゆーか、
参加希望者のおーーいこと、おーーーーーいこと(笑)
食べるわ話すわ笑い転げるわ~♪♪♪
先日も築山桂に会った。
用事があろーがなかろーが我々は一緒に過ごす時間の90%わ!
つまらぬ話で盛り上がることがおおーい。
だいぢな話があったとしても、
9割方!余計な話をしているとゆー意味であーる(笑)

しかーーし!この日は違った。
珍しく!いつもの2倍ほど!だいぢーな話をしていたよーな気がすーる。
…といっても全体のわずか2割程度のことであるのだが(笑)


cm3.jpg
※メモを取るつきやまけい。

しかーーーーーーーしっ!
あれこれ話出したら止まらないのが我々だ。
『事実は小説よりも奇なり』とゆーよーに、
実話の方が面白いことが多いおーーい(笑)

「ひゃぁ~~~~!」とつきやま。
「ひょえ~~~~!」としろたま。

お互いのネタを出すわしゃべるわ笑うわ叫ぶわの数時間。
やっぱり、語彙の豊富な人の話は奥深く面白い!と
痛く感じるのであーる☆

つきやまけいがメモっていたノートに見覚えがあった。
「ソレって三井住友でもらったんちがゥ?」と聞くと、図星だった(笑)
SMBCで○○○○したらもらえる怪しい色?のノートだ♪
似たようなことをしているンだなあ~.。o○…と、思えたら笑えた(^^)


あ、そうそう
築山桂の新刊出ています!
『浪華疾風伝 あかね 壱 天下人の血』(ポプラ文庫ピュアフル)
 
面白いです。読みやすいです。
続きが楽しみになります♪回し読みは禁止デス(笑)
ヨロシクです…m(._.)m


ケイコ。
ここンとこちょくちょく「ショウノケイコ」している。
庄野景子でわない。
【笙の稽古】であーる(つまらン親父ギャグでかんにんゴメン/笑)。

笙というのは温めて音が出る性質?の楽器なのだ。
なので、お稽古する前に冬場なら2,30分ほど?あたためる。
あたためるとゆーけど、本当は「焙じる」といって、
あぶるよーな?カンジかなあ~?



choshi.jpg


あぶっているとヒマなのでメールを打ちながらあぶってしまう。
メールを打っていると返事が来たりするのでソレにまた返事をうつ。
そうこうしていたら電話がかかってきたりする。
あぶる手を止めて電話できゃっきゃ♪話し込む。

あたためた笙が冷める…

またあぶる。
またまたメールを打つ。
ピンポ~ン♪と鳴り、宅急便が荷物を届けに来たりする。
届いた荷物を開けたりして、中身をチェックしたりして、
梱包をほどいたあとのゴミをまとめたりする。

あたためた笙がまた冷める…
またまたあぶるあぶるあぶる。。。

笙のお稽古は、
吹くまでに時間がかかるのであーる!
笙のお稽古は、
その意気込みと決意とそれに伴う?意欲が、
実際に吹くまでに若干?欠けやすいものなのであーる★


※あくまでもしろたまダケのっ!個人的見解です、すませんっ…m(._.)m
※笙をあぶる時はメールとかしてはいけません!…(▼▼#)


福ハ内~.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆
節分の日。
成田山不動尊で豆まきをさせていただける光栄に浴した☆
実にうれしい~ヽ(^____^)ノ

nrt00.jpg
※節分で賑わう境内


とゆーのも…
成田山不動尊の御偉方(匿名希望)様が、
キトクにもしろたまのfanでいてくれるとゆーでわないのっ!(発覚)
しかも!fan歴3年近くにもなるとゆーからコレまた有難いやら気の毒やら(笑)

その方を、ある御方を通してご紹介いただいたのがきっかけで、
トントン拍子に話がまとまり、
今年の節分に成田山で豆まきをさせて戴けることと相成った。感謝♪

nrt 15
 ※豆まき用のハッピを着たしろたま@寒いので着込み過ぎ/笑

午前中はNHKの連ドラの女優さんや俳優さん。
お笑いの方々や元プロ野球選手などなど…有名どころがズラリと出演。

午後からは落語家さんや漫才師の方々などが出揃う予定。
しろたまはその間の12時頃からまかせていただけた♪


nrt9.jpg
 ※この階段を上がると・・・


入口で豆まきの説明を受けた。
「成田山には鬼はいません。なので福は内、福は内…と言ってください」とのこと。
なるほど。了解!
さあ~いよいよ壇上に上がる時がやってきたゾ~。

nrt2.jpg

上に上がると意外にも高かった。
思わず「きゃあ~~~~~♪♪」と黄色い声をあげていた(笑)
人々をこんな角度で見降ろすことが今までなかった。
アドレナリンが急上昇したっ!

(えええーーっ!ここで豆をまかせてもらえるんんん?)と思っただけで
テンション↑↑↑ 跳びはねながら全身で喜びを表現していたしろたまだった。


nrt3.jpg
 ※豆をまく前の人々の姿

nrt4.jpg
 ※豆をまきだすと袋だの帽子だのが出てきた(笑)


人々は群衆だった(意味不明/笑)♪
なんだかわからないけど、ものすごく偉くなった気がした。
大きな勘違いをしそうな自分に気付きながらも?、妙な気持ちよさがあった(笑)

201002031206000.jpg
 ※豆をまくしろたま

「福はうち!ふくわ~~うちいい~~!」と大声でいっぱいいっぱいまいた!
高い所からまかせて戴いてるにもかかわらず、
下にいる皆さんが笑顔で受け取ってくださることがうれしかった。
本当に全員が笑顔だった。
楽しい!うれしい!なんか…とてもしあわせ気分満タンだった(^^)ノ


ラジオのリスナーさんもたくさん来てくれていて、
「しろたまさーーん!」と声が聞こえる。
群衆にまじってしろたまの豆を受け取ってくれた♪
うれしかったよおおーー(感涙)

nrt6.jpg

豆巻きの参加者には福豆が配られた。
だけど、成田山の御方の計らいでお土産をたくさん頂戴した。
本当にありがとうございます…m(._.)m


nrt1.jpg
 ※福豆を手に記念撮影

しかし…
この世の中にはこんなにも楽しいことがまだあったなんて…☆
知らない世界を見、初めての体験をし、初めての感情を味わうことができたことに
心から感謝していたしろたまだった。

また来年も豆巻きしたい…と思った。

成田山の御方にちいさな声で遠慮がちにやんわりと申し出てみた…
「らいねんも来ていいですかあ?」としろたま。
「毎年来たらいいよ。来年も待ってるよー」と言って下さった☆
フトコロの深い御方だ。
実にうれしかった。。。

この日一緒に豆まきをさせていただいた『ち~む豆まき隊』3名。
来年もこのメンバーで参加させてもらおう!と、固く誓いあった(笑)

ラジオやテレビに出演させていただくような仕事をしていて
本当によかった…と思えた瞬間だった。

今後とも、仲良くよろしくお願いいたします。
この度は本当にありがとうございました。
ち~む豆まき隊の諸君♪また行こうね~ヽ(^____^)ノありがと☆


※成田山不動尊では年男/年女でなくても豆巻きをさせていただけます。
  しろたまは今年、年女ではありませんっ!念の為…(キッパリ!)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。